波多野アンドパートナーズ会計事務所

事業継承

もしも、代表者が経営から退くことを考えたら。

例えば、後継者の選定、意思の確認、事業承継対策の立案などについて、専門家や経験者の知恵を借りて計画・実行するとスムーズな引継が可能となります。

短時間に結論を導く事が困難な問題です。 慌てずにじっくりと腰を下ろして、今後のことを考える必要があります。

もしも、事業継承に計画性がなかったら。

成り行き任せのバトンタッチを行うと、社内の内紛の発生や取引先との関係悪化など業績に悪影響を及ぼすことが起こりがちです。

このようなことが起こらないように、後継者との二人三脚ができる助走期間を持ち、計画的な事業承継を進めることで、社内の意思統一や取引先との関係の維持を図ることができます。

また、この期間に後継者の経営者としての資質を高めていくこともできます。

お電話でのお問い合わせ
このページの先頭へ